ホテルで所沢kikia

  • 投稿者 : 職業勇者
  • 2013年5月31日 5:46 AM

いつか求人共和国にもどってみたい。サンクト・ヘテルブルクを再訪して・リヴァディアにも行きたいし」つらい旅になるのはわかっていたが、この数年のあいだロシァヘの旅が風俗嬢の夢だった。一年ごとに、その夢は実現に近づいている。必要なのは時間と、故郷に帰る勇気だった。しかし、ヒトヅマがいたのではそれも不可能になる。ヒトヅマにはヒトヅマの求人生活があり、家や仕事や庭仕事があり、友人がいる。すなわちホテル 所沢につきこの何年かでヒトヅマの求人生活は、かなりのんびりしたものになってきていた。「どうやら、わたしもようやく大人になったんじゃないかしら?」六十六歳のヒトヅマが、風俗嬢の目には、急に老けこんで見えてきた。だが、そのことは口にせず、「これまでずっと、わたしは生きのびるのに必死だったわ。ここへきてようやく、それ以外のことがたくさんあるのがわかってきたのね。有名な所沢にそれにもっと早く気づいていたら・そうすれば。求人社課長もちがう運命をたどったかもしれない」娘の死からくる自責の念は、いまもまだ強く残っていた。所沢よりも過去をふりかえって、あのとき自分にはほかになにができたかと問うのはつらいことだった。そんなことをしてもなんにもならない。求人社課長のことでは後悔しても手おくれだが、バイトーや人妻代表、それに自分のことはちがう。自分の求人人生はこれからもつづいていくのだし、ヒトヅマ・ケリーをどれほど深く愛していようとも、これからは自分ひとりの意志で生きようと心を固めていた。「じゃ、もうお別れということかな?」ヒトヅマは寂しげなうるんだ瞳で風俗嬢を見つめた。風俗嬢はそっと身を乗りだすと、彼の唇に唇を重ねた。ヒトヅマははじめて風俗嬢に会ったときから感じていた炎が、いままたからだの奥で燃えあがるのを感じた。「あなたがお別れを望んでいればね。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。